しみ・そばかす・肝斑

しみ・そばかす・肝斑ができる原因

しみの主な原因であるメラニン顆粒は、表皮の基底層にあるメラノサイトから分泌され、排泄されますが、分泌過多や排泄障害によってメラニン顆粒が蓄積されるとシミになります。
炎症後色素沈着のように、炎症や外傷がきっかけで生じたり、レーザー治療の後に生じることもあります。
しみと総称されるものには、多くの疾患が含まれます。

老人性色素斑(日光黒子)、脂漏性角化症
後天性真皮メラノサイトーシス
炎症後(外傷性)色素沈着症など

シミの代表である老人性色素斑は、主に顔面や手背など紫外線を浴びやすい部位に、早いと30歳代前半から生じる色素斑です。老人性色素斑は扁平な色素斑で、大きさや形は様々です。老人性色素斑の一部は隆起性の脂漏性角化症に移行します。

多くのシミは根気よく治療することによって、ほとんど目立たなくなります。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、主に顔面に生じる多発性の小色素斑で、紫外線により増悪します。思春期にもっとも顕著になりますが、以後は次第に薄くなっていきます。

かなり目立たなくなりますが、紫外線を浴びることによって再発することもあります。

肝斑

肝斑は30歳代以降の女性に好発する色素斑(境界が比較的鮮明な淡褐色斑)で、主に頬に生じる色素沈着です。紫外線や物理的な刺激で増悪し、妊娠を契機に発症することもあります。多くは左右対称で、瞼には生じないのが特徴です。

主な治療法

根気よく治療することによって、ほとんど目立たなくなります。

  • 費用に関してはこちら
  • 診療の流れ

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。ご予約・お問い合わせはこちら。

ご予約・お問い合わせ

03-5807-8241 診察時間:火〜土 10:00~13:00 / 14:30~18:00
  • ご予約はこちら
  • 無料メール相談
PAGE TOP