にきび痕・傷痕

にきび痕・傷痕について

怪我や手術の後に、残ったキズ痕(瘢痕)のうち、赤く肥厚したものを肥厚性瘢痕、本来のキズ痕から周辺の正常な組織に肥厚部分が拡大していくものをケロイドと言います。ケロイドは更に、怪我や手術の跡に発生した瘢痕ケロイドと、もともとキズ痕が無いところに発生した真性ケロイドに分けられます。一般的には肥厚性瘢痕も含めてケロイドと呼ばれていますが、治療方法も異なるため肥厚性瘢痕とケロイドは区別するべきです。ケロイドは体質的なものが関係します。

主な治療法

フラクショナルレーザー(フラクセル)を点状に照射することで徐々にニキビ痕・傷痕を目立たなくしていきます。ケロイドで手術をする場合は、放射線治療が前提となります。保存療法としては圧迫や、ステロイドの外用や局所注射が行なわれます。

瘢痕・肥厚性瘢痕・瘢痕ケロイド・真性ケロイド

最適な治療法
  • 費用に関してはこちら
  • 診療の流れ

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。ご予約・お問い合わせはこちら。

ご予約・お問い合わせ

03-5807-8241 診察時間:火〜土 10:00~13:00 / 14:30~18:00
  • ご予約はこちら
  • 無料メール相談
PAGE TOP